採用情報RECRUIT

先輩スタッフの声

人や社会に役立っていることが実感できる、
それがモノづくりの魅力

専務取締役 A.M 2014年入社

もともと大手IT企業に勤めていましたが、父の仕事を手伝うため2014年に戻ってきました。当時業績がなかなか振るわず、会社の雰囲気が悪くなっていると知り、自分も父が守ってきた家業をささえたいと思い、覚悟を決めたんです。ただ、大手で積み上げたキャリアを捨てたこともあって、最初は家業を手伝うことにかなり抵抗がありましたね。
戻る決心がついたもうひとつの理由は、仕事のやりがいですね。前職では開発の仕事をしていましたが、IT系ということもあり、モノを作っても形には見えないし、エンドユーザーにどう使われているかも見えません。自分が開発したものが世に出ても目には見えないので、人の役に立っているという実感はありませんでした。
一方、今の仕事は作ったモノがどう使われているか、ハッキリ目に見えます。街を走っている塵芥車(じんかいしゃ)を見れば、「ああ、あれはうちが作ったものだ」とわかる。人や社会の役に立っていると強く実感できるんです。以前の仕事よりもやりがいや喜びを強く感じられます。
街中を走る車を見て、「お父さんはあの車の部品を作ってるんだよ、すごいだろ!」と子どもたちに誇れるような仕事がしたいですね。私を含め、社員のみなさまにもそう感じていただけるようにしていきたいと思っています。

社員が働きやすい会社をめざして

モノづくりの現場で働く人は、よくもわるくも“職人気質”です。新人が手取り足取り丁寧に教えてもらうのはなかなか難しく、「仕事は見て覚えろ」という世界。以前はそれで仕事になじめず辞めていく社員もいました。
それではいけない、どういう会社にしていきたいかしっかり考えよう、と話し合いを重ねたことで、現場の雰囲気は随分変わりました。今は若い職長さんたちが中心となって、後輩と積極的にコミュニケーションを取るようになり、班の中の雰囲気も良くなっています。
私自身が率先して改善に取り組んできたことではありますが、社員の協力なくしては成しえなかったことです。
会社全体で「働きやすさ」をめざしてよりよい職場環境を作っています。未経験でも安心して働いてもらえる、そして成長できる会社です。ぜひ一緒に働きましょう。

オールマイティーに働ける
スキルを身につけたい

成形班長 J.O

プレスブレーキでの曲げ加工を担当しています。難しい曲げや角度を出す、寸法を出す作業など、一発でバシッと決まったときは何よりやりがいを感じますね。
この曲げの工程を経て溶接に回されますが、溶接の班との連携も円滑にできていると思います。社員同士のコミュニケーションが活発で、工場長と、また班長間で話し合ったりして、仕事も進めやすいです。
これからの目標は、オールマイティーに仕事をこなせるようになることです。現在は曲げ加工ばかりしていますが、レーザーの機械についても覚えたいですし、ゆくゆくは溶接もできるようになりたい。そうやって少しずつ覚えて成長していきたいと思っています。

現場で求められるのは、自分で考え行動する力

緊急の仕事が入ると納期が短い場合も多くて大変ですし、新しい仕事に取り組むこともしょっちゅうですが、自分で考えたり工場長に相談したりして、常に「どういうふうにしたらいいか」と思案して行動しています。
よりよい製品をつくるにはどうしたらいいか。何より重要なのは、物事を自分で考えて行動できるということ。一緒に働くならそういう人がいいなと思います。
どんな仕事でもコミュニケーション能力が大事といわれますよね。もちろんそれも大事なことではありますが、人見知りの人だっているでしょうし、そこは一緒に働く中で少しずつ仲良くなっていけばいいことなので、あまり不安に思わなくても大丈夫ですよ!

溶接はミリ単位の正確さが求められる世界

GRX製缶班長 A.S

もともと知人が林工業株式会社で働いており、その紹介がきっかけで入社しました。それまで溶接は未経験でしたが、日々学びながら業務に取り組んでいます。
実際やってみると大変なことも多かったですね。溶接は暑いからといって半そでにはなれないのが辛いですし、熱を使う作業は1ミリや2ミリの誤差であっても不良品になる世界です。この仕事をはじめるまでそんな数ミリのことを気にしたことすらなかったので、感覚を身につけるのが大変でした。
そもそも右も左もわからない状態で入社したので、最初の1、2年は苦労することがたくさんありました。ふだんは塵芥車(じんかいしゃ)のサイドパネルの仕事が多いのですが、ときどきちがう仕事も入ってきます。新しいことについてはまだまだ知識がたりないので、先輩方に相談しながら、ときには失敗もしつつ、ちょっとずつ学んでいます。

指導は相手に合わせて臨機応変に

仕事は「見習い」という言葉のとおり、口で伝えるよりも見て覚えるという感じでしたが、わからないことは聞けばしっかり教えてくれたので、困ることはありませんでした。
今では班長として教える立場でもあります。班の中にはベトナムの方もいて、言葉が通じないためなかなか難しいところもあります。でも、わからないことは積極的に聞いてくれますし、あきらめずに説明すればちゃんと理解して仕事で示してくれるので、「伝わっているんだな」と実感できます。彼らには言葉で説明するよりもやってみせて教えるほうが伝わりやすく、そこは日本人に説明するのとはちがうところ。相手にあわせて対応は工夫します。
最近は生産量も多くなったこともあってコミュニケーションが密になり、よりチームワークが高まっていますね。
塵芥車(じんかいしゃ)のサイドパネルの製造は、オリンピックに向けて増えていましたが、それ以降も同じように仕事を減らさずやっていくにはどうしたらいいか、皆で話し合っています。立ち止まることなくこれからも広くさまざまな仕事をしていくことが今後の目標です。私たちと一緒に成長していきましょう!

CADに興味があり、全く異なる業種から転職

事務員 R.S 2017年入社

前職は医療事務だったのですが、転職を機に、以前から興味があったCADをやってみたいと思ったのが入社のきっかけです。CADについて勉強したこともなく、知識もない全くの未経験だったのですが、転職活動中に登録した派遣会社の方と専務がたまたまお知り合いだったので、その紹介で林工業に出会いました。正社員での募集だったというのも決め手のひとつでした。
男性ばかりの職場ではありますが、私のいる事務所には女性社員も数人いますし、会社全体が和気あいあいとしていて楽しく働いています。現場の職人さんたちと接するときも、優しく対応してくださるので、私自身はとても仕事がしやすいと思っています。

引っ掛け問題のような指示がスムーズに読み解けたときは、
喜びを感じます

仕事では基本的にExcelを使うことが多いです。主な仕事はお客さまからいただく指示書の読み解きで、特に塵芥車のサイドパネルが多いですね。「こういう仕様で作ってください」という指示をもらうのですが、最初から図面を示されるのではなく、いただいた指示を読み解いて図面を出し、新しく必要な治具・部品は何かを導き出して現場に手配します。
指示書は引っ掛け問題、脳トレのような感じもあり、なかなかすんなりと読み解けないことも多いのですが、それをうまく読み解けたときはやりがいを感じますし、それが製品になると思うと喜びもひとしおです。
ただ、未経験から始めたということもあり、先輩たちからひとつずつ教えてもらってやっと形になってきたところです。もうすぐ入社して2年になりますが、まだまだ図面を読むのは難しく、失敗することもあります。仕事は私が指示書をもらって読み解くところからスタートするので、私がどこか間違うとそれ以降の工程に関わる方々に迷惑がかかってしまいます。
そうならないためにも、これから自分のスキルをもっと伸ばしていきたいです。そしてミスやタイムロスを減らして効率的に仕事を進めるため、Excel入力の自動化にも力を入れたいと思っています。
私自身まだまだ成長途中ですが、日々の業務で「こうしたらもっとよくなるのでは」と思ったことを提案すればきちんと受け入れてもらえる職場です。やる気を後押ししてくれる環境なので、やりがいも大きいですよ。

不良品を出さないことが、
お客さまの信頼につながる

工場長 T.K

どんな仕事も人がすることなのでミスをゼロにするのは難しいものですが、それでも不良品を出さない努力は重ねてきました。
特に昔の指示書は60、70パーセントくらいの内容で書かれたものが多く、当然不良品も多かったのです。そんな中途半端な指示書で作っていては一向に不良は減らないと思いました。そこで、「こういうやり方はやめましょう、100パーセントの指示書でモノをつくりましょう」と提案したんです。現在もそれが継続されていて、不良品は随分減りましたね。まだまだ気づかない面もありますが、そこは頭を使って改善していきたいところです。働く全員が今のクオリティを維持すること、会社をもっとよくするためにも意識改革に努めていきたいですね。
不良品を出さないということはダイレクトにお客さまの信頼につながるもので、長く取引をしてくれているお客さまはうちの製品を100パーセント信用してくれていると思っています。その信用を裏切らないためにも、これからも丁寧な仕事を心がけていきたいですね。

工場全体を管理する立場として、
ストレスなく働いてもらえる工夫を

私が入社してかなりたちますが、入ったころは年上の職人さんばかりでした。それくらいの時期が境目だと思うのですが、若い方やベトナム人労働者の方もどんどん増えてきましたね。
ベトナムの方たちとは言葉の壁はもちろんありますが、ジェスチャーを交えたり紙に書いたり、ちょっとでも理解してもらえるように工夫しています。
仕事以外のところでも、焼き肉を食べに行ったりして交流を深めています。彼らは外国に来て働いているので、最初はたまの息抜き、ストレス発散にいいかな、と思ってはじめたことです。
最近は人数も増えたので頻繁に行くのは難しくなりましたが、ちょうどこの間「焼肉を食べに行きたい」と言われたばかり(笑) 。近々また連れて行こうと考えているところです。こうして日ごろから目をかけるように意識しているからか、何かあったときはちゃんと相談に来てくれるようになりました。
こんなふうに、未経験でも外国人でも、一から教えるノウハウがしっかりある会社です。今いる社員たちの多くが未経験からはじめてコツコツ仕事を覚えていった方たち。そうやって成長した先輩たちがたくさんいるので、どんな方が来ても受け入れられる体制はできています。ただポジティブに、プラス思考で働いてもらえたら、それだけで大丈夫です。